6月チニング 、ハクパターンで良型チヌ

ルアー・タックル・釣具インプレッション

生命感のある河川にエントリー

こんにちは!Fishing Shizuoka管理人の@Suuです。

今回は、河川にチニング に行ってきました。

場所は今シーズン初の小規模河川だったのですが、タイミング的にハク(ボラの稚魚)が入りそうかな?と思いやってみました。

果たしてどんな結果に?!

流れ込みに溜まるハクを発見!

まずは魚っ気を確認すべく、1級ポイントである流れ込み、水門周りからスタート!

ほんの小さな用水路ですが、案の定ハクが数百匹は群れていました笑

魚は居そうですが、ミノー・シンペンで表層〜中層を探るも反応ありません。

ちょっと潮位が高いので魚との距離を近づける為にボトム付近をやりたいのですが、流れ込み周りは色々なゴミや流木など溜まっている事があるのでプラグでは攻めづらいですね。。。

ジグヘッドのスイミングでハクを演出

どうしたものかと迷いましたが、根掛かり対策とマッチザベイトを意識して小魚系のワームを試してみます。

アジング、メバリングされる方には人気のワームです。

何の変哲もないストレートワームなので、イマイチ良さが分かって居なかったのですが師匠の勧めで購入してみるとその動きに納得しました。

素材の柔らかさと細さと長さが絶妙な設定で、少しの水流でも短いながらテールが艶かしい動きをしてくれます。魚っぽさが他のストレートワームより一段上な気がしますね。

ジグヘッドは1.5gを選択。ヘッドが水受けしてくれるので、ちょっと強めのタックルでも操作感があって気に入っています。

第1投目で・・・

ワームに変えて1投目、ボトムまで着底させたらあとは底から20cm以内を意識してチョンチョンとアクションさせながら手前(流れ込みの水源)に引いてきます。

ちょうどキャストポイントから真ん中くらいまで引いてきたところで強烈な引ったくるようなバイト!

一気にドラグが放出され、リーダー6lbの為慎重にやり取りします。

沖に走らせ体力を使わせた後にゆっくりとランディング。

Goodコンディションのかっこいいクロダイです。

ワームは喰いちぎられていますが、ジグヘッドは曲げられずに意外と強い事が判明!

チニング やセイゴゲームでも使えそうです♪

ライトタックルでは十分過ぎる大物を釣って満足しました。

ピンスポットの釣り場で場荒れしてしまったので、本日は終了!

ー使用タックルー

釣具買取専門店 ウェイブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました